顔射は無理かなr

ピンサロ取材は僕にとっては仕事の原点だったのだがそのことも

乳首は無視しても
「あっ、ありがとうございます!!ただいま女の子ご用意しますのでそちらの部屋でお待ちください」そして男は部屋の中に入っていく。店長はすぐにセフレに準備をさせた。「実花」ナイス2」「まかせてよ」私はガッツポーズをするとフロントの奥に入る。すると準備を終えて、お客さんを案内した店長が戻ってきた。「実花~びっくりしたよ」店長は少しテンパっていた。

わずかな光の変化で、虹彩がシャッターのように絞りを変えるのには毎回感心してしまたとえ同じ黒目とはいえ、その色合いは人によって微妙に違う。また、大人の目より子供の目の方が黒目はつやつやと輝いているし、白目はただ白いだけでなく、青みがかっていて美しい。しかし、大人になるにつれ、美しい目の持ち主も、いつの間にか白目が血走ったり、黄みがかってきてしまう。誰かがエッセイで書いていたが、大人になると目が濁るのは、世の中の汚いものを見てしまった結果だからだとか。美しい表現だけれど、まあ、単に年をとって器官が使い古されてきているということなんだろうけどねところで、目は個性があるパーツだと言われている。でも、本当にそうなのだろうか。

ソープの1で面接したら

よく、テレビ番組で顔出しできない人が目元を蝶々のようなマスクで覆い隠して登場する。目はその人をかなり表す部分であり、マスクぐらいで変わるものか、と思うけれど、あまり印象に残らない。マスクをしている時、美人だと思っていた人も、何かのきっかけで顔出しOKになってマスクを取るとたいしたことなかったりもする。おそらく、目は目だけで存在するのではなく、表情と連動してこそ、人を魅了したり、思いを伝えたりするのだろう。こう言うのも、最近、私は初めてあのマスクをつけるという経験をしたからだ。

奴隷プレイなだけなのよね


SM用ロプ·アダルトグッズなどくらいで午後8時にはお客さんに付いていた勃起力が弱まっていく「はい」じゃあご案内しますねー」そしてこれが記念すべき1人目のお客さんになった。店に着くと私はフロントに案内した「お客様です「あっ、いらっしゃいませ」私はニコっと笑い言った。「スペシャルコース3万5千円ですうちらの中で本番コースをスペシャルコースと言うことにしたのだ。しかし店長は3万5千円の金額にはびっくりした様子で私を見た。私はそんな店長にニコっと笑う。もちろんお客さんはその金額を財布から出した。

風俗嬢のお尻を両手で広げると唇を

「あっ、ありがとうございます!!ただいま女の子ご用意しますのでそちらの部屋でお待ちください」そして男は部屋の中に入っていく。店長はすぐにセフレに準備をさせた。「実花」ナイス2」「まかせてよ」私はガッツポーズをするとフロントの奥に入る。すると準備を終えて、お客さんを案内した店長が戻ってきた。「実花~びっくりしたよ」店長は少しテンパっていた。

股間に顔をうずめて休む


まるで獲物を狙う大蛇のように詩織を睨みつけている肉棒を
少し歩くと左手にコインパーキングが、右手の道に「ビジネス旅館」と白く光る看板が複数見える。そこが堺町だ。このクソ寒いのに旅館の前で婆が椅子に座って呼び込みをしているのでよく分かる。少し歩くとソープランドなど現代流風俗店があるけれど、そこまで行かず、闇にひっそりと佇む旅館群が僕の目指すところなのだ。でもなぜ我々はちょんの間へ行くのだろうか。絶対に現代流風俗店の方が可愛い娘がいるはずなのに。

風俗って結構出会いの場でも有るんです

でも、変なプライドが邪魔をしてちょんの間へ行かざるを得なくなる。男って、変な生き物だね。最初に声をかけられた婆に「どんな女の子がいるの」と訊くと「24歳、28歳それからJと並べる。多分みんな嘘だろう。「じゃあ一番若い子お恥、」と頼んで旅館に入る。2階の一室に案内される。部屋には枕を2つ並べて布団が敷いてある。10分くらい時間がかかるということでその場で婆にお代の一万円だけ払い、電気布団に足だけ突っ込んで待つことにする。